So-net無料ブログ作成
検索選択

内部被爆を防ぐ食事 出来るところから始める [健康]

放射性物質による内部被爆の影響が表に出てくるのは、5年や10年先かも知れません。
その時になってから慌てて治療をしても、時間が経ちすぎてどうにもならなくなる恐れがあります。

普段の食事に気を配る事で、内部被爆の影響を防ぐ事が出来るそうです。
原爆で被爆しても、食事療法で生き延びた人もいるとの事です。
毎日食事はしますので、続けられる可能性は高いですね。


◎毎日
みそ汁:具は海草
ビタミンC:ジュースでOK 炭酸飲料はNG

◎時折
玄米食

◎鉱物の摂取
ゼオライト、モンモリロナイトなどの粘土が放射性物質の排泄に役立つ

参考HP


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。