So-net無料ブログ作成
検索選択

「犠牲者ゼロを目指す」高知県黒潮町 - 阪神大震災から20年 - [地震対策]

高知県黒潮町は想定津波が「日本最大34m」と国が想定しました。
 
驚愕の数値です。
オフィスビルは1階がおおよそ4m(知恵袋で確認) ですから、8階建ぐらいです。
マンションですと3mぐらいですから、10階でも到達するという計算になります。
私の住むマンションは7階建なので、完全に飲まれる計算ですが、
想像も出来ません。 
 
これに対して町長が「犠牲者ゼロを目指す」の目標を掲げて、
浸水域の9,000人を町が一丸となって対応することにしたそうです。 
「巨大地震で人的被害「0」の街をつくる」という私の人生の目的と同じです。
 
 
阪神大震災から20年、東日本大震災から3年10ヶ月、
その後も、残念ながら地震等で被災者の出る災害は発生していますが、
犠牲者ゼロへの歩みは着実に続いているようです。
 
一方、私の住む埼玉県三郷市は津波の恐怖は少ないので、
危険な状況について、諦めているというよりも、
災害発生への認識が薄れている感じがします。
 
ニューヨークの災害写真

 
内陸で被害が激しかった阪神大震災の記憶を呼び起こして、
準備不足にならないよう、
常に危険と隣り合わせであり、 
早急に対策を進めていく必要があることを
まずは強く認識していきたいです。 

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

egg

こうさん、コメントをいただきありがとうございました。

私も三郷市で育ち、今も実家は三郷なのですが、住まいの足立区は元湿地で、あまり安全な地域ではありません。三郷も含めて川に挟まれているので、今後も何が起こるかは分かりませんね。

備えは必要です。
by egg (2015-01-23 09:55) 

こう

eggさん

私も含めて、心構えだけは、風化・マンネリ化せずに維持・向上させたいものです。
by こう (2015-01-23 10:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。